619Whの大容量ポータブル電源 SmartTap PowerArQ (スマートタップ・パワーアーク)のレビュー

suaokiの400Whの上をいく、
619Whの大容量ポータブル電源の紹介

数あるポータブル電源の中でも、大容量のSmartTap PowerArQを購入しました。

LG製のリチウムイオン電池を搭載しているので、安心かと思い購入してみた次第です。

電池の容量は大きいほど、電気製品が長時間使えるので、頼りがいがあります。

それでは、
SmartTap PowerArQ (スマートタップ・パワーアーク)を、ご紹介します。

 

SmartTap PowerArQ の外観

まず、正面から行きましょう。

こちらには、操作する部分が集中しており、どこか、Anker PowerHouseに似ているような気がします。

 

こちらは、正面から見て、右側の側面です。

冷却するための、通気口の穴が開いています。

 

こちらは、裏側です。

ツルンとしたボディではなく、筋状の突起があるので、こちらを、下にした使い方でも、いいかもしれませんね。

 

こちらは、正面から見て、左側面です。

LEDライトと、そのスイッチがあります。

ちょっと灯りが欲しい、というときに、重宝する機能ですね。

 

こちらは、上の部分です。

持ち手があり、稼働式ではないので、その分、Anker PowerHouseのように、コンパクトにはなりません。

逆に言えば、壊れる部分がない、ということですね。

 

こちらは、底面です。

設置する部分には、オレンジのゴム足があるので、滑りにくくなっています。

 

SmartTap PowerArQ の付属品

付属していたものは、

1.取扱説明書

2.充電用のACアダプター

以上の2点だけ、というシンプルな構成。

suaokiのように、いろいろ付属していないのが、ちょっと残念です。

 

SmartTap PowerArQ の大きさ

大きさ比較のために、500mlのペットボトルを横に並べてみました。

さほど、大きくないことが、お分かりいただけるでしょうか?

 

具体的な大きさは数値で、みてください。

縦が、24,2cm

横が、30cm

奥行が、19.3cm

と、なっています。

クルマに持ち込んでも、邪魔にならないサイズです。

重さは、約6Kg です。

 

SmartTap PowerArQ の操作パネル

操作パネルを、ご説明します。

上の左から、ご説明します。

入力端子は、付属のACアダプターを接続して、充電する端子です。

黄色い丸で、囲ってあるON/OFFボタンは、

それぞれ、左から、DC12V、USB、ACの電源スイッチになっています。

電源を供給しているときは、ON/OFFボタンのLEDが、赤く光り、ONになっていることを確認できます。

 

ディスプレイボタンは、ボタンを押すことによって、LCDに状況が表示されます。

LCDには、INとOUTの電力(W)と、棒グラフの表示とパーセントで、中身の残量が表示されます。

LCDの表示は、表示されたまま、にはできません。

確認したいときは、ディスプレイボタンを押したときに、5秒間ぐらい表示されて消えます。

 

SmartTap PowerArQ のAC充電方法

手元に届いたときには、約半分ぐらいの容量が充電されていました。

 

充電は、INPUTと書かれた入力端子に、ACアダプターを接続します。

 

コンセントに差し込むと、INPUTのLEDが赤く点滅し、LCDには、INに100Wと表示されて、充電していることを確認できます。

ACアダプターからの入力は、約100Wのようです。

 

ACアダプターにも、LEDがついていて、赤く光り、充電状態にあることが、確認できます。

ACアダプターは、充電中に熱を持ちますので、置き場所には注意が必要です。

 
充電時間は、

説明書によると、空の状態から満充電までは、約9時間と書かれていました。

今回は、約半分充電されていたので、3時間ぐらいでした。

一度、空の状態から充電してみたら、7時間ぐらいで満充電になりました。

説明書よりも、早く充電できました。

 

SmartTap PowerArQ のソーラーパネル充電方法

取扱説明書によると、ソーラーパネルによる充電にも対応しています。

ソーラーパネルは、SmartTap製のソーラーパネルが用意されています。

下記は、アマゾンで販売されているソーラーパネルです。

ちなみに、私は持っていません。

 

SmartTap 100W ソーラーパネル充電器 PowerArQ Solar 太陽光発電 ソーラーチャージャー 高効率ソーラーパネル8枚搭載 DC8mmポート ( 100W / 35.6V / 2.8A )

 

SmartTap PowerArQ の充電完了

充電が完了すると、ACアダプターのLEDは赤から緑に変わり、満充電になったことを知らせてくれます。

ディスプレイボタンを押して、LCDの表示を確認すると、100%になっていました。

ディスプレイとなりのLEDは、点滅が終わり、すっと点灯続けているので、満充電になったのがわかります。

 

SmartTap PowerArQ のAC出力

AC100Vの出力は、画像のようにノートパソコンの充電ができたりします。

AC出力の性能は、60Hzの正弦波で、300Wまでです。

サージ出力は500Wまでです。

 

SmartTap PowerArQ のUSB出力

USBの出力は、画像のようにスマートフォンなどが充電できます。

同時に3個の充電ができます。

出力は、5Vの2.1Aです。

 

SmartTap PowerArQ のDC出力

DCの出力は、画像のように、DC12V製品が使えます。

出力は、DC12V・10Aまでです。

suaokiでは、エンゲルの冷蔵庫が使えたので、このポータブル電源でも電源として使おうと考えています。

 

SmartTap PowerArQ のレビュー

まず、不満な点から、ひとつ

LCDディスプレイが、いちいちボタンを押さないと、表示されないことです。

suaokiやAnkerPowerHouseは、ずっと表示されていたので、今どんな状態なのか一目で確認できたのに、これは、そうにはいかないです。

できれば、改善してもらいたいですね。

あとは、ボディのプラスチックの質感が、安っぽく感じることです。

外観よりも、取り出せる電力が大きいほうが魅力と感じる方には、オススメです。

良かった点は、充電時間が短くなっていることです。

Amazonの説明にあったとおり、満充電になるまでの時間が短いので、満足しています。

 
また、サージ出力(瞬間最大出力500W)に、余裕があるおかげで、瞬間的に大きな電力を必要とする機器が使える点も、いいと思います。

具体的にあげると、

モーター駆動系の家電製品:掃除機

電圧で着火させる家電瀬製品:石油ファンヒーター

電動工具

などで、初動時に、「突入電流」と呼ばれる大きな電力が必要になる家電製品です。

使える幅が、より広がるので、こういうのはいいと思います。

今回は、エンゲルの冷蔵庫が、今までよりも長い時間使えますし、電気毛布も長い時間使えると思います。

ポータブル電源の大容量化は大歓迎です。

今後も、こういう製品が登場してくることに期待しています。

 
 

販売サイト

Amazon

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ ( 619Wh / 171,000mAh / 3.62V / 正弦波 )

 

楽天

【送料無料】ポータブル電源 ポータブルコンセント 家庭用蓄電池 大容量 600Wh 正弦波

 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ